Dr.Mark Kobayashi Official Web site

医師による人生の旅ブログ

−人生はDNAを次世代に運ぶ果てしなく長く短い旅だから−

 
> Home
> 外来診察・講演依頼

プロフィール

名前:小林マーク

生年月日:1967年8月9日

(東京都港区白金在住)

職業:医師(救命救急科・心療内科・精神科)/医療放送作家(放送作家集団ブルーマウンテン所属)/天然とんこつラーメン専門店一蘭六本木店勤務/株式会社FUND BOOK世話人

現職:新鎌ヶ谷駅前クリニック院長

(元三芳の森病院,〈240床〉病院長)

趣味:子育て、西麻布・麻布十番・六本木エリアをパトロールすること

 

 近年実績


2007年1月 日本精神神経学会ICD-11制作委員会委員(12名)に選任されました。

2007年6月26日(火)21時〜23時:日本テレビにて放送、高島忠夫さんのうつ病闘病ドラマ:「うつ」への復讐−絶望からの復活−

の医療監修を担当いたしました。

2007年6月 「Antidepressant Discontinuation Syndrome」誌上にて、参考文献としてクレジットされました。

2007年7月 三芳の森病院(240床)の副院長に就任致しました。

2008年1月 三芳の森病院(240床)の病院長に就任致しました。

2008年2月 近隣の大学病院にて外来診察がはじまります。

2008年5月 「臨床精神薬理」誌上にて、岐阜大学大学院・医学系研究科精神病理学分野研究チームによる論文にて、参考文献としてクレジットされました。

2008年9月 東京国際大学(TIU)人間社会学部にて「精神保健学」を開講致します。

2008年11月9日(日)16時〜17時30分:テレビ朝日・日曜特番「面と向かって聞けない噂のクエスチョン お医者さん編」に出演しました。バウムテスト(十字象徴理論と空間象徴理論をもとに精神分析する心理人格検査)を医療監修致しました。

2008年12月〜東京都医員に任用されました。東京都庁・精神保健福祉課にて『精神鑑定業務』に従事致します。

2009年1月13日(火)19時〜21時:テレビ朝日・全国放送「爆笑問題の最強医師が問題解決!病気の危険な誤解に名医20人が激論&警告」に出演しました。絵画描写心理テスト「雨の中の私」を医療監修致しました。

2009年10月14日(水)19時〜21時:日本テレビ・全国放送「世界仰天ニュースSP」にて医療監修しました。

2009年10月23日(金) 新鎌ヶ谷駅前クリニック(徒歩0分) 院長に就任致しました。

2010年5月7日(金)〜 医人往来(ドクターズ・コラム)にて、「私は、人の心根(こころね)しか診ていません」が毎週金曜日、4話連続で連載されます。

2010年5月15日(土)20時〜21時:日本テレビ・全国放送「世界一受けたい授業」にて医療監修致しました。

2010年9月21日(火)千葉ウォーカー「14人の街の頼れるお医者さん」のコーナーで紹介されました。

2010年12月27日(月)21時30分〜23時30分:テレビ朝日・全国放送「中居正弘の怪しい本の集まる図書館・怪しい噂や都市伝説に白黒つけたゃうぞスペシャル!」にて医療監修致しました。

2011年3月8日(火)18時41分〜:フジテレビ・全国放送「スーパーニュース」にて新鎌ヶ谷駅前クリニック(徒歩0分)が紹介されました。

2012年6月7日(木)13時〜 テレビ愛知・「山浦ひさしのトコトン!1スタ」に尊厳死法制化・延命治療の是非について医療情報提供致しました。

2012年8月29日(水) 六本木ヒルズ49階アカデミーヒルズにて、専門医の先生方に講演致しました。

2012年9月7日(金) こころと体のチェックシート、全国の医療機関に配布されました。

2012年9月10日(月)6時50分〜 テレビ朝日「やじうまテレビ」にて、顔面神経麻痺の解説を担当致しました。

2012年9月26日(水) 日本精神神経学会、ICD-11(国際疾病分類)委員(10名)に留任致しました。

2012年10月18日(木) 都内インターナーショナルスクール学校医に就任し、日本医師会認定産業医として専属産業医登録致しました。

2013年4月 日本テレビ「月曜から夜ふかし」にて、撮影協力致しました。

2013年6月 千葉ウォーカー「頼れるジモトのお医者さん」のコーナーで紹介されました。

2013年6月 フジテレビ「独占密着!真実の高島ファミリー『忠夫さん、死ぬまで一緒やで』〜寿美花代、献身愛で闘う夫の病〜」にて、医療監修致しました。

2013年9月 日本サッカー協会(ホーム開催試合) チームドクターに就任致しました。

2013年10月21日(月) 東京カレンダーにて新鎌ヶ谷駅前クリニック(徒歩0分)が1ページ、特集されました。

2013年11月 医学専門紙「新薬と臨床」にて、「セロトニン血中濃度測定の臨床的意義」が、論文発表されました。

2014年1月9日(木) HANAKOにて新鎌ヶ谷駅前クリニック(徒歩0分)が1ページ、

特集されました。

 

2014年3月26日(水) 雑誌an・an誌上に、新鎌ヶ谷駅前クリニック(徒歩0分)が紹介されました。

2014年8月7日(木) 雑誌CREA誌上に、新鎌ヶ谷駅前クリニック(徒歩0分)が紹介されました。

2015年1月 医学専門紙「新薬と臨床」にて、「うつ病治療における血漿中セロトニン濃度の臨床的有用性と可能性と課題」が、論文発表されました。

2015年3月 なでしこJ 2 「日体大FIELDS横浜」のチームドクターに就任しました。

2015年5月 スギ花粉治療薬「シダトレン(保険適応)」処方認可医として登録されました。

2015年9月9日(水) Dr.Mark Kobayashi kick off meetingを東京アメリカンクラブにて開催しました。

2015年11月18日(水)小林マーク先生講演会が東京アメリカンクラブにて開催されました。

2015年12月3日(木)ダニ・アレルギー完治薬(ミティキュア@ダニ舌下錠)処方認可医として登録されました。

2015年12月5日(土)より、英国・リッチモンドファーマコロジー社と髄膜炎予防に関する治験を共同研究開始しました。

2016年3月 Dr.Ci;Labo社内誌「Ci:style」連載中。https://www.ci-labo.com/

2016年5月19日(木) 日経BP社 頼りにしたいプレミアドクターズ2016年ー2017版に小林マーク院長が紹介されました。

2017年4月1日より3年間、都バス;新鎌ヶ谷駅前クリニック号が走ります。

2017年5月より、新鎌ヶ谷駅前クリニック(徒歩0分)が、Jリーグの公式スポンサーになります!!http://www.shinkamaclinic.com/

2018年6月 全国の専門家領域の医師に対してweb講演会が開催されました。

2018年12月 「血中セロトニン検査の臨床的意義」について、全国の精神科医師に対して web講演会を開催致しました。


2019年4月1日〜2024年3月31日公益社団法人 日本精神神経学会より、専門医養成指導医に認定されました。

2019年6月4日(火) 全国web講演会の座長を務めました。

2019年11月26日(火) 「社会復帰に繋げるうつ病治療」について、全国web講演会の座長を務めました。

 

 

 

 略歴

1967年三重県生まれ。三重県の町の小さな木工機械屋さんの同胞4人第4子次男として育つ。

1997年結婚、妻(1969年生まれ)・娘(2009年生まれ)と東京都港区白金在住。

ニューヨーク市立大学大学院卒業後、国際連合に勤務。東海大学医学部学士編入学試験に合格し編入後、5年間で医学部を卒業。

脳神経外科医&救命救急医(東北大学関連病院、東京警察病院・岩井整形外科内科病院・鎌ケ谷総合病院)として勤務後、

心療内科医&精神科医(秋元病院・平川病院)として勤務し厚生労働省精神保健指定医となる。

2007年三芳の森病院(240床)病院長歴任後、2009年、現職、新鎌ヶ谷駅前クリニック(徒歩0分)院長に就任。

 

 認定資格

厚生労働省精神保健指定医

心神喪失者等医療観察法・精神保健判定医

*医療観察法:心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察に関する法律(平成15年法律第110条)

日本精神神経学会専門医・専門医制度指導医

日本精神神経学会ICD-11委員会委員(12名、2007年1月〜)

厚生労働省認知症協力医

日本赤十字社東京都血液センター検診医

 

 所属協会

厚生労働省精神保健指定医

心神喪失者等医療観察法・精神保健判定医

日本尊厳死協会(1996年3月6日〜終身会員)

 

 新鎌ヶ谷駅前クリニック(徒歩0分)外来診察時間     

月曜日:8:00〜20:00(小林マーク医師)

火曜日:8:00〜11:00

*火曜日は、宮下和季医師(慶応義塾大学病院腎臓内分泌代謝内科教室講師)による、高血圧、糖尿病、高脂血症、甲状腺疾患等、生活習慣病外来です。

金曜日:8:00〜20:00(小林マーク医師)

土曜日:8:00〜14:00(小林マーク医師)

クリニック見学を兼ねて、直接来院して予約されることが確実です。

上記診療時間内でも、外来患者様の対応にてスタッフが電話に出られないことが、

ございます。

外来予約等、お問い合わせ先

新鎌ヶ谷駅前クリニック

TEL:047−441−3336

FAX:047−441−3337

URL:http://shinkamaclinic.com ←詳細は、クリックして下さい。

 

 

 講演依頼 


講演内容:精神疾患予防のための、自律神経から理解する職場・学校のメンタルヘルスケア

小学生高学年〜中学生対象(講演時間:60分)

高校生〜大学生対象(講演時間:90分)

社会人対象(講演時間:120分)企業・学校・団体等の教育担当者の方は、こちらのメールで直接、お問い合わせ下さい。

株式会社ブルーマウンテン(放送作家集団)担当:山崎(やまざき)

お問い合わせはこちらをクリックしてください。

専属産業医実績

株式会社JCB

伊藤忠テクノソリューション株式会社

医療法人明雄会三芳の森病院

K Intenational School Tokyo

講演実績

株式会社JCB

東京国際大学

鎌ヶ谷総合病院

秋元病院

大塚製薬株式会社

大日本住友製薬株式会社

株式会社リンクスタッフ

持田製薬株式会社

MSD株式会社

アステラス製薬株式会社

グラクソスミスクライン株式会社

ファイザー製薬株式会社

日本イーライリリー株式会社

ヤンセンファーマー株式会社

中外製薬株式会社

アストラゼネカ株式会社

X BODY Lab トレーニングStudio

その他多数

 

 医師による人生の旅ブログ −人生はDNAを次世代に運ぶ果てしなく長く短い旅だから−

上段の「院長の子、育って!ブログ」をクリックするとご覧いただけます。

 

Copyright(C) since 2007 Dr.Mark Kobayashi Official Website